ロン2 日本プロ麻雀連盟 ネット麻雀対戦サイト
ようこそロン2ID(メールアドレス):パスワード:
ID・パスワードを記憶する
ホーム 遊び方・ルール 大会情報・優勝者 ランキング プロ雀士ブログ ロン2雑記 何を切る? プロ雀士紹介 ヘルプ
何を切る?

何を切る? 2009/11/17 の出題&解答 集計結果

※画像クリックで別ウィンドウ表示
ダンプ大橋プロの選んだ牌
東3局、南家7巡目の手牌になります。

七対子とシュンツ手、どちらも1シャンテンというありそうでない手牌かも。

さて、何を切りましょうか?
ぶっちゃけ、この牌姿なら手牌全てが候補になりますよね。
七対子に決めるなら、重なってない牌になりますし、マンズの3面張の形を決めての三万、六万切り。
ドラを期待して6筒のツモ切りにペン7索を嫌って8索、9索切り。

・・・目移りしちゃいますね(笑)


非常に迷うんですが今回は打六万とさせていただきます。


マンズが先に埋まれば、役アリのダマテンにも構えられますし、先にソーズが埋まれば3面張でリーチ。
ピンズが伸びれば状況にもよりますが、ソーズを払ったり、マンズを1メンツ1雀頭で固定したりと選択肢が増えます。

絶対にこの局で逆転しなければならないのなら七対子に決め打ち、ドラタンキ、裏ドラ勝負に出る事の方が多くなりそうですが、
現状はまだ親番の残っているラス前ですからね、そこまで無理をしても、結局オーラスも勝負局になってしまいます。

それならこの局は無駄なエネルギーを使わずに、
オーラスの親番に向け貯めておくのが吉ではないかと思います。
杉浦 勘介 プロの選んだ牌
ドラ表示牌が重なってチートイツのイーシャンテンにも取れる形となったという場面です。

自分のアガリを最大限に追うならば、三万切りが一番手広く隙のない打ち方だと思います。
7索引きでの3メンチャンリーチは理想的ですし、ソーズ、ピンズに変化があれば柔軟に対応できそうです。

しかし、場況を見ると、リーチや仕掛けは入っていないものの、トップ目の西家、それを追う東家は手牌のまとまりを示唆する捨牌となっていますし、ラス目の北家も2枚切れの白をトイツで落としてきています。

よって手牌のメンツ構成を変化させる猶予はないと思われ、三万切りがアガリにつながるほとんどのケースが7索経由となりそうです。

仮に他家からの先制攻撃を受けた場合、このように急所を残し、ドラもない手牌から押し返すわけにもいかず、現物を抜いてベタオリとなってしまうことが予想されます。

そこで、ここは自分のアガリを半分あきらめて、チートイツのイーシャンテンに取りたいと思います。
狭くなりますが、このように他家が主役といった場面では、受け入れとなる3牌を自由に選択できる守備力が何といっても魅力的です。

この場合二万を切るとメンツ手としての受け入れも一番広いのですが、五万を切ってもその差は1枚。
将来的にはメンツ手のイーシャンテンは崩してチートイツに決め打つつもりなので、
ここでは安全度を優先して、暫時的な待ち牌候補でもある二万を残しての五万切りとしたいと思います。

このように打つからにはこの局はまず守りが第一。
次巡以降も状況が許せば、四万、7索あたりを外していって鉄壁の布陣をもって他家の攻撃に備えたいところです。
集計結果
解答 解答率
23.1%
21.2%
18.4%
14.4%
10.1%
5.3%
5.3%
1.2%
1%
▲ページトップへ
表示:スマートフォン|パソコン


当サイト内の著作物の私的使用その他法律によって明示的に認められる範囲を超える使用を禁止します。
(C) 2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved./(C) 2010 Mahjong Network Service. All rights reserved.